ゼロから覚える美容皮膚科

メスを使わず傷跡を心配しないで済むのが美容皮膚科の施術の魅力とは

医療機器

美容皮膚科での施術の特徴の一つとして挙げられているのが、メスを使わないという点です。一般的な美容系のクリニックで整形などの手術を受けようとすると、どうしてもメスを入れることになるので傷跡が残ってしまいます。傷跡は場所によっては目立たないものの、できる限り残さないように治療を受けたいと考えている人は少なくありません。それに対して美容皮膚科の場合は、主に肌トラブルや皮膚疾患の治療がメインとなっています。
場合によってはメスを用いて切除しなければいけないものもありますが、多くの場合は薬液や美容液を注入したりレーザー治療で対応できるため、メスを使わずに治療することが可能です。

メスを使わない

そのため美容皮膚科の施術でメスを使うことはほとんどなく、肌に傷をつけることなくきれいな肌を手に入れることができます。
もちろん注射や点滴、レーザー治療も傷跡が残りませんし、軟膏や内服薬を使った治療を行うことも少なくありません。このように肌に直接メスを入れるような施術をすることが基本的にはないため、美容皮膚科は傷跡に関する心配をせずに治療を受けることができるのです。
治療内容に関しても複数あるものから医師と相談して選択をすることができるので、万が一メスを使った施術をする必要があってもそれを回避することもできます。

美容皮膚科はこのように施術に関しても美容の面に配慮されており、傷跡を残したくない・綺麗な肌のまま施術を受けたいと考えている人にとっては安心して利用することができる診療科目です。
般的な皮膚科ではメスを使って切除しなければいけないものであっても、レーザー治療などメス以外の方法で切除できる可能性が高いところが魅力となっています。