ゼロから覚える美容皮膚科

全身脱毛するならサロンよりも美容皮膚科に通うのがベスト

レーザー脱毛

美容皮膚科とサロンとでは脱毛方法に違いがあります。美容皮膚科の場合は医療レーザー脱毛であり、サロンの場合は光脱毛です。
医療レーザー脱毛というのは、専用マシンによる単一波長の光を肌に照射することで毛根組織を破壊して脱毛するというものです。光の出力パワーが強くて、半永久的な脱毛効果を得られるといわれています。ただし、痛みに敏感な人は痛いと感じることもあります。その場合は麻酔クリームを塗布することも可能です。
出力パワーが大きいため国家資格を持つ医師や看護師といった医療の専門家でなければ扱うことが法的に禁止されていて、エステサロンでは受けることはできません。

それに対して、サロンで受けられる光脱毛というのは、医療レーザー脱毛とほぼ同じ施術内容なのですが、光の出力が弱いという違いがあります。光の出力が低いために毛根にダメージを与えることしかできず破壊にまでいきません。そのため、脱毛効果は医療レーザー脱毛よりも薄いといわれています。ただし、痛みを感じることはほとんどなく、少し肌が温かいと感じる程度です。

脇が気になる

もし全身脱毛を受けるなら光脱毛よりも医療レーザー脱毛の方が効果が高いのでおすすめかもしれません。光脱毛は料金が安くてお手軽に受けられるというメリットがありますが、施術回数が多いです。だいたい20回近く通う必要があります。医療レーザー脱毛はせいぜい5回~8回程度です。また、効果は一時的なものに限られます。それに対して、医療レーザー脱毛は施術が完了すればもう施術を受けるために通う必要性がありません。
照射可能範囲が広くて光脱毛では処理できにくい性器まわりなどの部位も脱毛することができます。